ビジョンVision

電気を選び“みらい”を変える

災害や震災を経て集中型エネルギーシステムの脆さを経験しました。
そういった現状をふまえ、
私たち、みらい電力販売は、100年先、200年先の“みらい”の地球を見据えて
環境負荷が少なく、自立分散型の再生可能エネルギー供給の事業づくりにつとめます。
私たちは
どのような“みらい”をつくり次世代に何を残すか
みなさまとともに考え
再生可能エネルギーの普及を積極的に推進します。

みらい電力販売の特徴feature

弊社が主に取り扱う電気は、太陽光発電や家畜の糞尿を用いたバイオガス発電などの再生可能エネルギーで発電した電気です。再生可能エネルギーの普及は、資源が枯渇する心配がなく、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出が極めて少ないため、次の意義を達成できると考えています。

地球温暖化防止

地球温暖化は、化石燃料の使用に伴うCO2の増加が主な原因と考えられています。従来の化石燃料由来の火力発電は、温室効果ガスを大量に排出します。しかし、再生可能エネルギーによる発電は、CO2をほとんど排出しません。

エネルギー安全保障の向上

日本は世界有数のエネルギー消費国ですが、エネルギー自給率は約6%です。これは主要先進国の中で極めて低く、安全保障上のリスクを抱えています。さらに日本に輸入されるエネルギー資源の大半は、火力発電で消費される化石燃料であり、中東地域に依存していることから国際情勢の影響を受けやすいことや価格高騰の影響等を受けます。そこで、資源小国の日本において、国内でも調達・利用可能な再生可能エネルギーを普及させることがエネルギー安全保障につながると考えています。

電力の地産地消

東日本大震災以降、広域停電などの集中型エネルギーシステムの脆弱性が表面化しました。
そこで、安定供給を実現するため、分散型エネルギーシステムの導入意義が高まっています。分散型エネルギーシステムの導入は、自治体や市民のエネルギー事業への参画、地域資源の有効利用、エネルギー事業の担い手確保や育成などの多くの効果を産みだします。弊社は、地産地消モデルの提案を行い、地域活性化に貢献します。

新しいエネルギー付帯技術の普及

エネルギー関連の技術として、水素エネルギー、スマートグリッド、IoT、HEMS、BEMS、VPPなどの多くの先進的な技術が開発されています。今後、弊社でもこれらの技術を積極的に取り入れた提案を推進します。

お問い合わせContact

お問い合わせ・お見積など、
まずはご相談ください
052-446-7891
受付時間 平日 9:00〜18:00
〈 土・日・祝日・年末年始 除く〉

TOP